User's voice

医療法人 村田眼科
院長

村田 豊隆 先生

ディアドクターと院内機器を連携することで
必要な情報を素早く確認できています。

ディアドクターは患者カルテを有効に使えますね

開業時に導入した三栄メディシスの電子カルテ「診療支援システム」から、アップグレードする形でディアドクターを導入しました。
開業当初から電子カルテにしたのは、カルテの保管場所とカルテ出しの作業が不要ということと、患者データをデータベース化することでデータの再利用が出来るということからでした。
患者さんから「うちの母親がお世話になっています。」などと言われた時など、家族のカルテをすぐに引き出すことが出来るのは、電子カルテならではの便利なところですね。

眼科の電子カルテは、既存の設備との連携が必要不可欠です

眼科の場合、診察と検査が一体化していますので、カルテの入力と検査データ・画像の確認を平行に行う必要があります。
また眼科診療では電子カルテ以前から画像ファイリングシステムが普及していましたので、既存の設備やシステムとの連携が不可欠です。
ディアドクター導入時には、それらの機器メーカーに協力を得ながらシステムの連携を行ってもらいました。
多くの機器から入ってくる情報をディアドクターで一元化することで、スムーズな診療とインフォームドコンセントが可能になりました。

より精細なシェーマを描けるように進化を期待

カルテの記載にシェーマを多く使用するのですが、ペンタブレットを使っていても短時間に精細なシェーマを描くことは難しいですね。
診療中は撮影した画像を使って、後からシェーマを描くこともあります。
問診入力や処方・処置入力と同様に、短時間で微妙な表現のシェーマが描けるようなインターフェイスの開発を期待しています。

電子カルテ・ディアドクターを導入された経緯

開業時より当社の電子カルテを導入され、検査機器や画像ファイリングシステムとの連携を進めてこられました。院長先生のご趣味がパソコンということもあって、ネットワークの構築や他社ソフトとの連携など、ディアドクターの機能向上へのアドバイスを多くいただいています。